大事なフロアコーティングの業者選びは慎重に

grshtrs
フロアコーティングを頼む際に様々な業者が多くあります。やはりどのような場合でも信頼して安心できる業者に頼みたいものです。しかし、いざ頼む際にどの業者に頼めばいいのか数が多すぎて迷ってしまいます。中には同じようなサービスもあるので、なおさらですよね。サービスや料金なども業者によって違います。どこに気をつけて選べばよいのか大事なポイントが3つあるので、せっかくの大事な床を守れるように頼みたいですね。

ホームページをはしっかりと調べる

ホームページがあり、なおかつ中身がしっかりと記載しているところであれば安心です。しかし、逆にコーティングの種類の成分がしっかりと書いていなかったり、分かりにくい場合などは業者に直接聞くなどをして安心して任せれるか判断した方がよいです。フロアコーティングできれば何でもいいというわけではなく、作業の流れや具体的なことが書かれているかどうかチェックをしましょう。

保証がしっかりしているかどうかを確認する

保証期間はほとんどの会社であればありますが、特にアフタサービスが充実しているか確認しましょう。例えば、期間内であれば剥離を無償でしてくれるのか、それとも有料なのかまたは別途同じ料金が必要(つまりは塗り直し)の場合なども考慮して見積もりの段階や実際に業者に聞いた際にこの話もできれば、万が一にイメージと違ったなどがあったとしても相談が可能です。

評判や会社の対応などを見る

フロアコーティングは何回もするものではなく、少なくとも10年以上は塗り替えなくていいものです。実際の会社の対応や利用者の評判などをサイト上で見ることで判断の指針にもなります。実際に仕上がりはイメージと違った場合にしっかりと対応してくれたりすると、業者として安心なところです。
何度も頼むものではないからこそ事細かく、自分のイメージに合った業者や応えてくれるなど、妥協しないで突き詰めて選ぶことが肝心です。業者選びで失敗しないためにもフロアコーティングを頼むときには確認を怠らないといいかもしれません。
新築で綺麗なフローリングは掃除や手入れをしても窓際の結露や水拭き、日焼けなどでひび割れや傷が目立ってしまいます。フロアコーティングは、長時間フローリングを綺麗に保たせる作業のことを言います。大事なフローリングが清潔をすることで家族の安全や健康にも繋がります。

長くて30年以上の耐久性

grfhtrs
市販で売られているワックスは原料が違い、濃度は2倍近く違うものをフロアコーティングでは使用します。ワックスですと1ヵ月〜半年と短い期間でしか持ちませんが、フロアコーティング必要性なら長いもので30年以上は綺麗さを保つことができます。小まめに塗るという方でも、場合によっては変色してしまう原因にもなりかねません。一回コーティングするだけでも長期間なので、時間と手間を考えるならそちらの方がいいかもしれません。

水や熱に強いので安心・安全

ワックスは艶が出るためのもので、水や熱など混じると溶けてしまい床が白く変色してしまう原因にもなります、またワックスの種類にもよりますが、フローリングに合わないもので塗ってしまいますと、新品のフローリングに傷が入ってしまいます。また、床の木材が柔らかいと固いものを落としただけでも簡単にへこんでしまいます。フロアコーティングをすることで傷がつきにくいものとなるので、キッチンなどの水回りなどにも保護できます。

光沢感があるのに歩きやすい床に

コーティングと聞くと光沢感があり、見るからに滑りそうなイメージがありませが、とても歩きやすく、お子様やペットの関節に不要な負担をかけないものとなります。また、ペットの爪などで傷がつくのではと心配になりますが、フロアコーティングをしますと、分厚い塗膜で床を保護をしますので、滑りにくい床と傷をつかないなら二つの意味で安心ですね。
ワックスも手軽に便利ですが、剥がれ易く何度も塗り直さなくてはならないので手間がかかりますが、フロアコーティングで施工をすると一度で済みますので今まで心配していた新品を汚さないようにと不安が解消されるのではないでしょうか。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫